« サクリファイス | トップページ | ようこそあゆあゆ日誌へ »

2007年12月 6日 (木)

鎌倉幕府めぐり

071206
元八幡
源頼朝がここから遷座したのが今の鶴岡八幡宮。
元八幡はそれより100年前源頼義によってこの地に立てられた。
鎌倉源氏発祥の地。

071206_2
大蔵幕府跡

源氏三代の幕府がおかれた地。

大蔵幕府跡は今は全体が清泉小学校である。
頼朝の墓のすぐそばであるが
立ち止まる人はほとんどいない。

071206_3
宇都宮辻子幕府跡
宇都宮稲荷神社の前に辻子幕府跡の石碑がたっている。
ここへの標識もなく地図にも載っていないためか
地元の人以外ここを訪れる人は皆無。

政子の死後、北条泰時がこの地に幕府を移した。
この地で泰時は御成敗式目を作り
源氏政権から北条政権への足がかりを築いた。

071206_4
若宮大路幕府跡
ここも外の道からは道標もなく訪れる人もいない。
人がやっとすれ違えるような小道の脇にひっそりと。
写真もこれ以上引くには人家の中に進入しなければならない。

辻子幕府もいろいろ不幸が重なり
わずか10年ほどでこの地に再度移された。
その後泰時、時頼らの徳政が続き
北条政権は最盛期を迎えるのである。
そして幕府終焉まで幕府はここを移ることはなかった。

071206_7071206_8
東勝寺跡(左)、北条腹切やぐら(右)
北条得宗終焉の地
太平記人気が今でも続いているせいか
わかり易い名前のせいか知らないが
さびしい場所なのに人がいっぱい。

新田義貞軍が若宮大路まで攻め入ったことを知った
北条高時はここで一族郎党とともに
ここで自害し鎌倉時代が150年で幕を閉じた。
ここで自害したその数は800余名とも言われる。


|
|

« サクリファイス | トップページ | ようこそあゆあゆ日誌へ »

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

自転車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54722/17290008

この記事へのトラックバック一覧です: 鎌倉幕府めぐり:

« サクリファイス | トップページ | ようこそあゆあゆ日誌へ »