« 雲洞庵-天地人の舞台を訪ねてみた | トップページ | D51498 ボイラー陸送? »

2009年1月27日 (火)

ホンダ S2000、生産終了へ

ホンダ S2000、生産終了へ

以下記事引用

1月27日11時39分配信 レスポンス


米国ホンダは26日、2009年モデルをもって『S2000』の販売を中止すると発表した。6月末をもって鈴鹿製作所での生産を終了する。1999年のデビューから10年で、その歴史に終止符が打たれることになる。

S2000はホンダの創業50周年を記念するスポーツカーとして1999年に発売。『S600』、『S800』など往年のホンダスポーツの血統を受け継ぐモデルとして誕生した。

50周年記念を謳うだけに、S2000にはホンダの最新技術がふんだんに盛り込まれた。エンジンは専用開発の2.0リットル直4(250ps)で、9000rpmという高回転まで一気に吹け上がる特性。ホンダにとっては約30年ぶりのFR駆動車となったのも特徴だ。オープンカーとしては異例の高剛性ボディの効果もあって、非常にダイレクトなハンドリングを実現していた。

S2000の10年を振り返ると、それは進化の歴史でもある。2000年にはVGS(可変ステアリングギアレシオ)を装備した「タイプV」を追加。2005年のマイナーチェンジではエンジンを2.2リットル直4(242ps)に変更し、課題だった低速域でのトルク不足を解消した。

2007年には「CR」(日本では「タイプS」)を追加。CR=「クラブレーサー」が意味する通り、日常の足として使える快適性は備えながら、週末はサーキット走行を楽しめるキャラクターが、とくに米国では好評だった。

S2000は世界64か国で販売され、1999年からの累計セールスは11万台以上に到達。このうち、米国は6万5000台以上と過半数を占める。しかし、最近ではスポーツカー市場の縮小により、販売が低迷。米国での2008年の年間販売台数は2538台と、前年比41%減まで落ち込んでいた。

米国ホンダのジョン・メンデル副社長は「S2000はエンスーのためのスポーツカー。世界のロードスターに与えた影響は大きい」とコメントしている。

次期『NSX』の開発中止が告げられた現在、S2000の生産中止によってホンダスポーツは『シビックタイプR』だけになる。しかし、ホンダは環境対応技術を進化させたハイブリッドスポーツカーの市販計画を明らかにしている。ホンダファンなら、新世代のホンダスポーツに期待したいところだ。

《レスポンス 森脇稔》

NSXに続いてS2000よお前もか?と言う感じ・・・。
遂にホンダスポーツカーの終焉来る。

もはや車は移動手段以外のすべての機能を失うのか?
スピードを出すとか暴走するとかではなくって
ライトウエイトスポーツを含めたスポーツカーを運転しているときの
あのクラッチ操作、シフト操作、ハンドル操作
エンジン音、ロードノイズ、風の音
すべての感性が車と一体になる・・・・。
このご時世ではもうそれは望めないのか?

|
|

« 雲洞庵-天地人の舞台を訪ねてみた | トップページ | D51498 ボイラー陸送? »

スポーツ」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54722/43871833

この記事へのトラックバック一覧です: ホンダ S2000、生産終了へ:

« 雲洞庵-天地人の舞台を訪ねてみた | トップページ | D51498 ボイラー陸送? »