« 定例ヤビツ#07#08(2/1) | トップページ | 浅間山の火山灰 »

2009年2月 2日 (月)

マスコミの品格 (ひき逃げ編)

某テレビ局50周年記念番組を見ていて・・・・。

スクープ史のところでひき逃げ犯をスクープという場面を
見ていてなにか過剰な正義感というか何か違和感が残った。

ある場所で外国産スポーツカーによるひき逃げ事件が発生し
取材していた記者がそれらしい車を見つけ
運転者を問い詰めると車は猛スピードで発進した。
それを記者は追跡、すぐ後にその外車は新たな事故を
起こし(単独のようだ)記者が追い付き通報?逮捕?
みたいな感じで番組はどうだとばかりに正義感を誇示していた。

でも単独事故だから良かったけど本当は記者見つけた時点で
すぐに警察に通報しまかせるべきだったんじゃない?
2番目の事故は本当は起きなくてもよかった事故なのでは。
まあ巻き込まれた人がいなかっただけでも幸いだが・・・。

この過剰なあるいは不必要な正義感からくる不用意な行動という側面を
その番組では全く触れていなくて記者は英雄扱い。

やっぱり違和感が消えない。

|
|

« 定例ヤビツ#07#08(2/1) | トップページ | 浅間山の火山灰 »

ニュース」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54722/43935215

この記事へのトラックバック一覧です: マスコミの品格 (ひき逃げ編):

« 定例ヤビツ#07#08(2/1) | トップページ | 浅間山の火山灰 »