« Google Earthが | トップページ | 新型新幹線は »

2009年2月 3日 (火)

スズメ 国内生息数、

半世紀前の1割に 全国調査で判明

2月3日11時5分配信 毎日新聞

 国内のスズメの生息数が1800万羽にとどまることが、立教大理学部の三上修・特別研究員の調査で分かった。餌場の田畑と、巣を作る木造家屋の減少などにより、最近20年足らずで最大80%、半世紀前との比較では90%も減少したとみられる。スズメの生息数を全国レベルで推計した調査は初めて。

 調査は08年5、6月に実施。気候の偏りなどを考慮して秋田、埼玉、熊本の3県を調査地に選び、住宅地▽農村▽森林--など五つの生息環境について巣の平均密度を算出。国土交通省が持つ建物用地や森林などの面積データとの比率を基に、巣は全国に約900万個あり、個体数はつがいで約1800万羽と推定した。

 減少率は農作物の被害面積や、有害鳥獣駆除数の推移などから推定。個体数は90年以降80~50%程度減り、60年ごろとの比較では10分の1になった可能性もあると結論付けた。

 三上特別研究員は「まだ保全の緊急性が高いとは言えないが、個体数の変化をモニタリングし、減少の原因を突き止める必要がある」と話している。【木下武】



言われてみれば最近スズメの姿ってめっきり見なくなったような気がする。
昔は首都圏で一番よく目にする鳥はスズメだったのに
最近はカラスと一部問題化しているムクドリばっかりだな。
カラスとムクドリは都市化に順応してスズメは順応しきれなかったのだろうか?
もともとスズメは都市化に順応した鳥の代表格だったのだが・・・・・。

|
|

« Google Earthが | トップページ | 新型新幹線は »

ニュース」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54722/43943589

この記事へのトラックバック一覧です: スズメ 国内生息数、:

« Google Earthが | トップページ | 新型新幹線は »