« マスコミの品格(F22ラプター編) | トップページ | 桜前線 3/26 »

2009年3月26日 (木)

クズなSNOW業界

苗場プリンスが通年営業取りやめ

湯沢町三国の苗場プリンスホテルは25日、景気悪化でスキーなどレジャー客が減少していることから、2009年度からホテルの通年営業をやめ、夏と冬を中心とした季節営業に切り替えることを明らかにした。  隣接する苗場スキー場は景気悪化などで来場者が減少。ピークのバブル期は約318万人(1992―93年)だったが、昨シーズンは約127万5000人と低迷した。  通年営業の取りやめに伴い、営業しない時季については、正社員約220人が軽井沢や箱根など系列のホテルや施設に出向する。また早期退職を希望する社員には、退職金上乗せなどで優遇する。  同ホテルは、1299の客室があり、最大3258人が宿泊できる巨大施設。09年度からは、夏は7月20日から8月末、冬は12月上旬から5月の大型連休までの営業とする。  秋の紅葉営業は県内の日帰り客が多く好調なため、ゴンドラやロープウエーの運行は継続する。隣接するゴルフ場の営業は当面見合わせる。例年11月下旬から5月上旬まで営業していたスキー場は期間を短縮し、12月初旬から4月上旬までの営業とする。  同ホテルは「繁忙期と閑散期の差が激しく、収益率を上げるためにメリハリをつけて営業することにした」としている。


新潟日報2009年3月25日

楽しいはずのSNOWレジャー・・・・。
なんでこんなつまんない先がないような暗い話題で
自らの首を絞めるのか?
もう少し前向きな話題や施策を投げれないのか?

西武は本当はリゾート関係完全にやめたくって
それでも日本に何百万人もいるSNOWスポーツ愛好家が
少しでも少なくなって撤退しやすいように
暗い話題をばらまいてるのか?

まあ実際的にはかぐらがあるからほとんど影響ないと言えばないが、
それならばシーズンインと春スキーはかぐらに集約すると言えば
前向きな感じがして受けもよいのでは?
それにかぐらのショボ過ぎる施設の整備もプラスして。
縮小撤退しか策が思いつかないSNOW業界。
もう完全に終わったな。

|
|

« マスコミの品格(F22ラプター編) | トップページ | 桜前線 3/26 »

スキー」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54722/44463456

この記事へのトラックバック一覧です: クズなSNOW業界:

« マスコミの品格(F22ラプター編) | トップページ | 桜前線 3/26 »