« プロ野球観戦中にファウル直撃 男性が楽天など提訴 | トップページ | 鎌倉臨時列車 »

2009年4月 8日 (水)

ちょっと面白い記事

まあ話半分にでも

<WBC>「台湾人の日本びいき」知らないうちに人気ある国になっていた―日本人ブログ

2009年3月、日本の優勝で幕を閉じたワールドベースボールクラシック(WBC)について、ある日本の工業デザイン会社の社長・田中徹氏は個人ブログで、WBCは日本では単純にお祭り騒ぎだったが、一般に日本および日本人に厳しい目を向けると思われている韓国では、一般人のブログなどを中心に「日本を讃える記事が予想より多く、批判的なメディア関係の記事を凌駕しているようにさえ見えた」と驚きを表明している。 同ブログによると、そうした現象の背景には、偏向報道をしたり、誘導したりするメディアの「騙し」が「ネット時代には、徐々に通用しなくなって来ている」が、「メディアはその事実に気がついていない」ことがあるという。 一連のWBC関連の動きの中でも著者が驚いたのは、Yahoo台湾でのネット人気投票の結果だった。準決勝に残ったベネズエラ、アメリカ、韓国、日本の4か国の中で、日本は実に63.4%もの票を集め、ダントツのトップだったのである。著者は、日本が「中国では政策的な事もあり、かなり嫌われている」のに対して、「誤った反日教育がされていない」台湾では全く違う、と分析。「知らないうちに日本は人気のある国になっていた」と感慨を抱く。 そして、日本びいきの台湾人のブログを紹介した上で、日本に対する好意的な評価があるという事実をきちんと受け止め、世界の模範となるべく精進していくよう、日本人全体に対して呼びかけている。 (編集/NK)

あと他にこんな記事も
ソウルの高校の9割、第2外国語科目に日本語開設

4月7日14時20分配信 YONHAP NEWS

抜粋

【ソウル7日聯合ニュース】ソウル地域の高校生は、英語の次に日本語を最も多く習っていることが分かった。
 ソウル市教育庁が7日にまとめた「2009高校教育課程編成現況」によると、ソウル市内の高校308校の90%に当たる278校が第2外国語の選択科目の一つとして日本語を開設している。日本語を教える高校が多いのは、語順が韓国語と似ているため高校レベルでの学習が難しくなく、教員が確保しやすいためと分析される。

そうお隣の国の日本嫌いはもしかしたらマスゴミだけ?

|
|

« プロ野球観戦中にファウル直撃 男性が楽天など提訴 | トップページ | 鎌倉臨時列車 »

ニュース」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54722/44595924

この記事へのトラックバック一覧です: ちょっと面白い記事:

« プロ野球観戦中にファウル直撃 男性が楽天など提訴 | トップページ | 鎌倉臨時列車 »