« NHK、大河「天地人」でサブリミナル技法? の指摘 | トップページ | 新横浜でインライン・スキー »

2009年5月15日 (金)

「フツーの自転車」を買っても奨励金がもらえる

イタリアでは自転車購入にあたり、国から奨励金が出る制度が4月末から開始された。

これは環境および交通渋滞緩和政策の一環として施行されたもの。特色は、電動アシスト自転車だけでなく、アシストを持たない、いわゆる“普通の”自転車も対象に含まれていることだ。購入者は環境省の指定車両リストの販売価格から30%引きで自転車を購入できる。販売店はその分の金額を国から受け取る仕組みだ。
イタリア環境省は、奨励金のために2009年分として875万ユーロ(約11億5000万円)の予算を確保している。他のイタリアの奨励金同様、制度は予算がなくなり次第終了すると思われる。
購入は1人あたり3台まで。手に入れるには、イタリアの住民に登録が義務づけられている納税者コード、もしくは商業活動をしている個人/法人が保有する付加価値税番号の提示が必要だ。適用限度額は700ユーロ(9万2000円)と高く設定されている。つまり数千ユーロ級の高額なロードレーサーやマウンテンバイクを購入しても奨励金は700ユーロまでだが、一般の自転車を購入するには十二分であろう。
また今回の制度は、同様にイタリアで実施されている自動車の買い替え奨励金制度と違って、“下取り車”は要求されない。そうしたことを背景に、イタリア国内では制度開始1週間弱で、すでに1万2000台の自転車が制度の対象として販売された。過去5年に10%増の伸びを示してきたサイクリングをベースにした観光市場にも、さらに弾みがつくことが期待されている。
ちなみにイタリアは年間252万台を生産する欧州一の自転車生産国である。今回の奨励金対象リストにも、ビアンキ、ピナレロなどイタリアを代表する高級自転車ブランドの名前が並ぶ。
ただし、国内市場のシェアの41%は外国製自転車だ(いずれもデータは07年)。1997年にイタリアで4輪車の買い替え奨励金制度が開始されたとき、フィアットの思惑とは裏腹に国民は外国車に乗り換えてしまい、結果として当時のフィアットは危機に陥った。販売店はともかく、国内の自転車製造産業にどれだけプラスになるかは、最終の結果を待つしかなかろう。

いかにも自転車王国らしい経済政策。
ミソは「環境省の指定車両リストの販売価格から30%引きで」というところ。

でも環境に最悪なバラ蒔きをして高速道路を大渋滞にして
世界でも最も進んだ地方の公共コツうシステムを破壊して
さらに不要な自動車を補助によって増やそうとして
逆モダルシフトを進めているどこかの国の政策からすると
ずいぶんと進んだ政策だと思うのだが。

|

« NHK、大河「天地人」でサブリミナル技法? の指摘 | トップページ | 新横浜でインライン・スキー »

ニュース」カテゴリの記事

自転車」カテゴリの記事

コメント

これすごいですね。30万の自転車が20万で買えちゃうってこと!?
けど環境省の指定になるポイントってなんなんだろう・・・ アルミは作るとき電気食うからダメとか??

投稿: paul | 2009年5月19日 (火) 11時45分

 Paul君食いついたのはやはり君だったね。
これ伊環境省がやってるけど実質自転車産業への経済政策に近いみたいだからきっと政府公認メーカーのものは全部OKみたいな感じじゃないの?でもその政府公認の獲得にはラテン系の国柄ゆえに・・・・「袖の下?」・・・・・じゃぁないよな・・・。
 それにアルミはほぼリサイクルの優等生だから環境にはめちゃ優しいのではなかったっけ?それより使用済みになったときの廃棄方法すら確立されていないカーボンのほうが環境に対してはヤバくない?(Paul君&俺・・・byカーボンバイクユーザー)。
あと日本だと総台数何万台までとかで行われるけど予算が無くなり次第終了というのはいかにもヨーロッパ的な政策の施行方法だね。

投稿: あゆ | 2009年5月19日 (火) 11時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「フツーの自転車」を買っても奨励金がもらえる:

« NHK、大河「天地人」でサブリミナル技法? の指摘 | トップページ | 新横浜でインライン・スキー »