« 新横浜インライン広場2 | トップページ | 「フツーの自転車」を買っても奨励金がもらえる »

2009年5月15日 (金)

NHK、大河「天地人」でサブリミナル技法? の指摘

2009年5月14日06時35分 読売新聞

NHKが今月10日に放送した大河ドラマ「天地人」の中で、肉眼で確認できないほど短いカットを挿入し、人の潜在意識に働きかける「サブリミナル手法」に似た演出を使っていたことが、13日わかった。  NHKによると、本能寺が爆発するシーンの直前、ドラマタイトルの「天地人」に対応する空、水田、明智光秀役俳優の横顔の3カットが計0・2秒間挿入され、複数の視聴者から「サブリミナル映像ではないか」という問い合わせがあった。  映像作品のサブリミナル的手法については、1994年の映画「RAMPO」で論議を呼び、NHKは「通常知覚できない技法で、潜在意識に働きかける表現はしない」とする自主基準を定め、日本民間放送連盟も「公正とはいえず、放送に適さない」という放送基準を示している。  NHKは、「死を目前にした織田信長の気持ちを印象的に伝えるための演出。短いながらも知覚できるカットで、サブリミナル手法にはあたらない」と説明している。

 たまたま10日放送の天地人を録画していたのでじっくり見てみた。

 物語の中盤から後半・・・・。
本能寺に火が放たれ吉川信長が奥に引きこもり
アベ謙信が出てきて「天の時、地の利、人の和」について議論し
吉川信長には人の和が足りなかったと言い放ち消え・・・。
このシーンと次の本能寺が大爆発するシーンがちょっと変な間があって
大爆発の時びっくりした。

??????
スロー、しかも一番遅いやつで見ると
目をつぶる吉川信長-空(ちょっと)-田園風景(これが一番長い?)
-鶴見光秀の横顔(これもほんのちょっと)-本能寺大爆発
と画像が目まぐるしく変わった。

もう一回通常速度で見ると・・・・・・
やっぱり良く分からない、水田風景だけなんとなくわかるような気がするが・・・。
鶴見光秀は全く分からない。
決して「短いながら知覚できる」とは言えないのであったが
決して「サブリミナル」というほどでもなかったのである。

|

« 新横浜インライン広場2 | トップページ | 「フツーの自転車」を買っても奨励金がもらえる »

ニュース」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: NHK、大河「天地人」でサブリミナル技法? の指摘:

« 新横浜インライン広場2 | トップページ | 「フツーの自転車」を買っても奨励金がもらえる »