« JR九州 「ありがとうブルートレイン」企画第3弾を実施 | トップページ | きらきら撮影中 »

2009年6月 1日 (月)

エールフランス機、落雷で墜落の可能性

2009.6.1 22:50 産経ニュース

記事抜粋

 ロイター通信などによると、1日、ブラジルのリオデジャネイロ発パリ行きのエールフランス航空447便のエアバスA330-200型旅客機(乗客乗員計228人)がブラジル沖の大西洋上で消息を絶った。パリには予定時間になっても到着しておらず、墜落した可能性が高い。ブラジル空軍が捜索している。  同機はリオデジャネイロを現地時間の5月31日午後7時(日本時間1日午前7時)に離陸後、フランス時間の1日午前11時15分(同午後6時15分)にパリのシャルル・ドゴール空港に到着する予定だった。パリの空港当局者は同日午前8時(同午後3時)ごろ、機影が管制レーダーから消えたとしている。


まだ墜落と決まったわけではないが
世界一安全な飛行機であるエアバスA330の
初の優勝飛行中の人員損失事故かつ全損事故となってしまう。


|

« JR九州 「ありがとうブルートレイン」企画第3弾を実施 | トップページ | きらきら撮影中 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: エールフランス機、落雷で墜落の可能性:

« JR九州 「ありがとうブルートレイン」企画第3弾を実施 | トップページ | きらきら撮影中 »