« 煙モクモク | トップページ | 新横浜インライン夜練(6/23) »

2009年6月23日 (火)

マスコミの品格・・・見切り販売:セブン-イレブン本部に排除命令の記事について

見切り販売:セブン-イレブン本部に排除命令
記事抜粋

フランチャイズ店の見切り値引き販売を巡り、セブン-イレブン・ジャパンに対して公取委が出した「優越的地位の乱用」に基づく排除措置命令。本部の意向に反して値引きを続けたり、値引きに踏み切れないオーナーにとって「今日が始まり」(藪木裕之・瀬戸内市役所前店長)と言える内容になった。店側は今後、失った利益の回復や会計制度の改善を求めていく考えを示した。

 この件についてマスゴミは何で国民を間違った方向に導こうとするのか?

例えばまあとりあえず全部毎日なのだが

公取委排除命令 揺らぐコンビニ商習慣
社説:コンビニ排除命令 大量廃棄も考え直そう

などなどほとんど全部の記事が(他社も含めて)

-「小売店が見切り販売をするのを本部が妨害した」
-「まだ食べられる物の大量廃棄につながる」
-「エコに反する」
-「セブンイレブンはけしからん」
という流れを読者に植え付けよう押している。

何で?

今回の事件は争点が違うでしょう!
今回の公取の命令は「優越的地位の乱用」であってエコとは関係ないでしょう?

本当なら
-「小売店は売れる分だけ仕入れればよい」
-「棚に弁当などが売り切れのもしくは種類が少ない時が生じる」
-「セブンイレブン全体の売上、イメージが落ちる」
-「そのため廃棄が生じるのを承知の量を仕入れる」
-「その損失は本来なら本部が負担すべきもしくは均等負担の性格のもの」
-「セブン本部は契約にないにもかかわらず優越的地位を乱用して
大量仕入れとその損害を全部小売店側に押し付けた」
-「しかも圧倒的優越的地位の本部は見切り販売で損失を
最小限にすることも許さなかった」

-「公取がそれは契約にはなく優越的地位の乱用で
一方的な不利益取引になる恐れがあってあってけしからん」


ということなんだが・・・・・。

そう基本的にはまだ食べれる物を捨てるのはもったいないというのは
この争点では全く関係ない副次的なもの。
それなのに何故すべてのマスコミはそのことばかりに
クローズアップするのだろうか?

|
|

« 煙モクモク | トップページ | 新横浜インライン夜練(6/23) »

ニュース」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54722/45430647

この記事へのトラックバック一覧です: マスコミの品格・・・見切り販売:セブン-イレブン本部に排除命令の記事について:

« 煙モクモク | トップページ | 新横浜インライン夜練(6/23) »