« 内川に続いて・・・ | トップページ | 踏んだり蹴ったり »

2009年7月22日 (水)

ツール第16ステージ

今日はスイスを出発して超級大サンベルナール峠を越えてイタリアに入り
そして1級小サンベルナール峠を越えてフランスにもどってくるコース。

美しい風景の中を走るツールドフランスは楽しく、またスイス国内、
それもアルプス最高峰モンブランのすぐ近くを走るということもあって
国際映像もモンブラン近郊の映像をちょくちょく入れていたのだが
Jスポーツの今回の放送スタッフ、司会の白戸太郎氏、解説の栗村SKILシマノSD、
元リクイガスメカニックの長井氏の3人がその画像の場所を全く知らなかったのは
かなりがっかりした。少し下調べでもしてほしかった。

モンブラン、エギーユ・デュ・ミディ、バレーブランシェ(メールドグラス氷河)、シャモニー針峰群等など


シャモニー針峰群の映像
「結構険しい山々ですね」

バレーブランシェ・・・字幕を読んで
「バレーブランシェ氷河です、標高は4800mあります
さすがにこんな高くは登りませんが」

おいおい4800mはモンブランの標高だろう!

エギーユ・デュ・ミディ・・・展望台と索道の駅を見て
「すごいところにお城がありますね・・・いや展望台でしょうか?」


三浦敬三が泣くぞ!

シャモニー・モンブランに行って
スキー担いでロープウェイでエギーユ・デュ・ミディに行って
橋とトンネルくぐってバレーブランシェにドロップイン。
そしてモンブランの麓まで氷河を大滑降なんて
永遠かもしれない夢も持つもの気持ちまで切り裂いたのだぞ!

|
|

« 内川に続いて・・・ | トップページ | 踏んだり蹴ったり »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

自転車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54722/45704936

この記事へのトラックバック一覧です: ツール第16ステージ:

« 内川に続いて・・・ | トップページ | 踏んだり蹴ったり »