« 別府史之が完走に向けて確かな手応え | トップページ | ビナートのノーズパッド交換 »

2009年7月14日 (火)

次期オフィス、ネットで無償提供へ=来年簡易版でグーグルに対抗-米MS

【シリコンバレー13日時事】

以下記事抜粋

米マイクロソフトは13日、「オフィス」の次期製品について、簡易版をインターネットを経由し無償提供する計画を発表した。グーグルやIBMなど競合他社がネット提供型ソフトを拡充していることに対抗し、「ウィンドウズ・ライブ」を通じて提供、利用者を囲い込む戦略だ。
 次期版「オフィス2010」は来年前半に供給開始を予定。新サービスは、文書作成の「ワード」や表計算「エクセル」などの各種ソフトについて、「オフィス」が組み込まれていない外出先などのパソコンでも、無料会員登録するなどの形で、ネット経由で簡易版を利用できるようにする。
 カポセラ上級副社長は同日、米ルイジアナ州ニューオリンズで開いた技術者会合でパソコン(PC)などの端末の種類を問わず、最も効率的なビジネスの解決手段になると強調した。ただ、オフィスの全機能を活用するためには、従来通りPC組み込み版に、日本円で2万円程度を支払うか、パッケージソフトを約3~4万円で新規購入する必要がある。
 利用者の情報はMSが持つ巨大サーバー上で保存、管理できる仕組みで・・・近年、利用者がソフトをダウンロードして利用するのではなく、インターネット上で随時利用する「クラウド(雲)」と呼ばれるサービス対応が加速しており、グーグルなどとの顧客争奪合戦が一段と激しくなりつつある。(2009/07/14-12:10)

問題はどのくらいの機能が提供されるかということ。
がめついMSのことだから期待薄。

|
|

« 別府史之が完走に向けて確かな手応え | トップページ | ビナートのノーズパッド交換 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54722/45635827

この記事へのトラックバック一覧です: 次期オフィス、ネットで無償提供へ=来年簡易版でグーグルに対抗-米MS:

« 別府史之が完走に向けて確かな手応え | トップページ | ビナートのノーズパッド交換 »