« 7月のチャロ | トップページ | Windows7RC ソフトの互換性・・今回はExcel2000とDonut_RAPT »

2009年7月28日 (火)

中田横浜市長、辞表提出=衆院選には出馬せず

中田横浜市長、辞表提出=衆院選には出馬せず

時事ドットコムより記事抜粋

 横浜市の中田宏市長は28日午後、市議会議長に辞表を提出した。国政復帰を模索するが、8月30日投開票の衆院選には出馬しない。横浜市長選は衆院選と同日に投開票が行われる見通し。
 中田市長は今秋、中村時広松山市長、山田宏東京都杉並区長らと、政治団体「『よい国つくろう!』日本国民会議」を結成する方針を明らかにし、内外の危機を乗り越えるため本物の政治の実現を目指す、などとしていた。
 このほか、橋下徹大阪府知事らと地方分権推進のための「首長連合」を結成し、分権や霞が関改革などの観点から各党のマニフェスト(政権公約)を評価し、支持政党を決定する考えも示している。
 

 財政がひっ迫している横浜市。
それなのに開国博かなんかさらに大赤字。
(まあいろんな客船が来たり、ブルーインパルスが飛んだり
色々面白かったけど・・・・・・・)
ゴミ分別は分別の仕方がずさんで新型炉では燃えきれず燃料を燃やして焼却させてみたり
みなとみらいに無駄なお金を大量投入したり
保育所を民営化して横浜ではまともに子育てができなくしてみたり

さらにその他の改革は別に大した成果は得られなかったし。
もっと早く責任取って辞めるべき人間だったはず。

さらにこんな中途半端な時期にしかも国政参入なんか知らんが
個人的な理由で市政をほっぽり出したり。

本当に中田くんはバカだった。
彼にとって横浜市は所詮踏み台でしかないのである。
偉そうなこと言っていても所詮地方行政軽視の行動。
もっと早く辞めればよかったんだ。
きっと責任を追及されるのが嫌だったんだろう。

市場経済を重視し過ぎでしかも親米すぎる
松下政経出身者ももう時代じゃないぞ!


横浜市民よ!
次期市長にはもっと地に足がついた政策を実施できる人を選ぼう!

|
|

« 7月のチャロ | トップページ | Windows7RC ソフトの互換性・・今回はExcel2000とDonut_RAPT »

ニュース」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54722/45765123

この記事へのトラックバック一覧です: 中田横浜市長、辞表提出=衆院選には出馬せず:

« 7月のチャロ | トップページ | Windows7RC ソフトの互換性・・今回はExcel2000とDonut_RAPT »