« テントなしで、寒さしのぐ=装備不十分で凍死か-大雪山系遭難事故・北海道警 | トップページ | 本日の首位打者(8/19) »

2009年8月18日 (火)

BIBLO LOOX S9/70を速くする?

BIBLO LOOX S9/70はクルーソーTM5500というCPUを使っている。
一時流行った省電力CPUのはしりだがインテルやAMDの
資本力にやられてあっという間に市場から追い出されてしまった。
でもそのファンレスで済む静かなかつ小さな筺体は魅力的だった。

でもここ1、2年でATOMを使ったネットブックが続々登場し
いよいよその希少性も過去のものになりつつある。

が我が家ではそんなクルーソー機でもまだ引退させない。
このクルーソーというCPUはハードウェアでインテル互換をさせているわけでなく
CMSと言って一種のエミュレーションをソフト的に行っている。
そのCMSはBIOSなどと一緒にフラッシュメモリに書き込まれているわけだが
そのCMSを新しいバージョンにするとトロくさいクルーソーが
少しは速度が上がるという話なのでやってみた。


話の出所は結局のところ2chなのであるが
CMSのアップデートなんて通常あるわけがなく
同じTM5500を使っているより新しいパソコンの
アップデート用BIOSに一緒に書き込まれている
CMSをバイナリーエディターで取りだして
半ば強引にアップデートしてしまうというもの。
結構危険な感じだがやってみた。
方法は2chに上がっていた方法そのままで行った。

持ってきたBIOSはFUJITSU SIEMENS LIFEBOOK P7120のもの。

これをバイナリーエディターでCMS部分を抜き出す。
090817_003

これをフラッシュ書き込みソフトを使って強引に書き込むのだが
090817_002
これも2chの書きこまれていたそのものを使って
その通りにやった。

再起動してBIOSを覗くと
CMS Version: 4.3.2-9-566 (旧は4.2.6-8-168 )
となっておりCMSはちゃんとバージョンアップしている。
体感速度は・・・なんか速くなった気はする・・・・。


090817_001
でスーパーπで104万桁計算させてみた。

4分21秒・・・・・やっぱり遅い。

|

« テントなしで、寒さしのぐ=装備不十分で凍死か-大雪山系遭難事故・北海道警 | トップページ | 本日の首位打者(8/19) »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: BIBLO LOOX S9/70を速くする?:

« テントなしで、寒さしのぐ=装備不十分で凍死か-大雪山系遭難事故・北海道警 | トップページ | 本日の首位打者(8/19) »