« 剱岳 | トップページ | 先週のチャロ »

2009年8月 2日 (日)

自転車そのまま持ち込みやめて

自転車そのまま持ち込みやめて 首都圏鉄道各社ポスター

090802_00


 列車内への自転車の持ち込みを注意するポスターが首都圏の各駅に張り出された。JR東日本や大手私鉄、都交通局が共同で作った。
 ローカル線や海外では持ち込みを認めている列車もあるが、混雑する首都圏の電車では、はた迷惑。そこで、折りたたみ式のものなどは認めつつ、「そのまま」は遠慮してもらうことにした。
 健康ブームで自転車通勤や郊外でのサイクリングが世代を超えて人気の昨今。鉄道関係者は「健康だけでなく、車内ルールも大事にして」と呼びかける。

こんなポスター貼られるなんて・・・・・・
うちの近所の駅にも張られていた。

芸能人のブログで折りたたみ自転車を裸で列車に持ち込んだり
ひどいものは所謂小径車をそのまま持ち込んだり
それがおしゃれなように書いてあったり
そのような事をここ1,2年多々見かけるが
自転車ブームで湧いてきた「ニワカ」消え失せろ!
長い間純粋に自転車を楽しんできた者にとって迷惑以外何物でもない。
だからブームって嫌いなんだよなぁ!

JRグループなどのほとんどの鉄道は輪行袋にきちんと入れた自転車は
基本的に無料の手回り品として社内持ち込みを認めている。

これはJCA(日本自転車協会)を始めとする古くからの自転車愛好家の
努力の結果認められたものであることを筆者は決して忘れない。

最初当時の国鉄は自転車は競合交通手段だということで
競輪選手以外の自転車の社内持ち込みはかたく認めてこなかった。


JCAはサイクリング用の自転車はサイクリングという趣味に使うもので
当該車種は決して鉄道の競合交通手段ではないので
社内持ち込みを認めてくれと長い間働きかけ
結果としてJCAの会員が帆布製の輪行袋に入れたものに限り
有料の手回り品として社内持ち込みを認めた。

私も高校生のころはこのような理由で当然のごとく
JCAの会員で窓口に会員証を提示して
手回り品切符を買って車内に持ち込んでいた。
田舎の駅だとこの規定を駅員が知らなくて
「良いよそんなのに金取らなくて」と言ってくれているのに
どうせ車内で車掌にとがめられるからという理由で
どうしても手回り品切符買おうと運送規約を調べて
不思議そうな駅員にお金を払ったりした思いでもある。

やがて時は立ち、今のようなナイロン製の輪行袋も
規則ではだめだが黙認されるようになり
なおJCA等の働きかけによって
1999年1月からJRや大手私鉄グループは
輪行袋に入った自転車の持ち込みを原則無料にした。
恐らくここまで持ってくるのに半世紀はかかっていると思う。

このような経緯があるから
昨今のブームに沸いて出てきたような「ニワカ」でない
古くからのサイクリストは誇りを持ってきちんとした輪行袋に
きちんと入れて列車内に持ち込む。

けっして自転車を列車内に持ち込めるのが当り前ではないのである。
自転車をそのまま列車内に持ち込もうとするような「ニワカ」はさておき
輪行袋に入れて列車内に自転車を持ち込もうとするときに
このような日本独特の輪行の歴史の意味を
少しでも感じていてくれたらきっとこのようなポスターは
必要なくなっていることであろう。
先人が切り開いてきた鉄道利用の輪行という方法を
ただでさえ高速バスの攻勢で道が狭まっている中
これからもずっと続けられるように・・・・・・・。

自転車ブームと言われているが
そんな基本的な事も守れない人と一緒に自転車楽しもうとは思わないし
一般の人に無理に自転車の楽しさを分かってもらおうとは思わないし
そhして自転車を理解して楽しんでる仲間と走れればそれだけでいいし
これ以上自転車人口なんか増えなくてもよいと思っている。

自転車はエコなスポーツですと一部報道されているけど
今はやりのカーボンフレームなんて再利用できないし
廃棄の方法もいまだ確立しているわけでないし
タイヤすぐ磨り減るし、一般に思われてるほどエコではない。

|
|

« 剱岳 | トップページ | 先週のチャロ »

ニュース」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

自転車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54722/45814789

この記事へのトラックバック一覧です: 自転車そのまま持ち込みやめて:

« 剱岳 | トップページ | 先週のチャロ »