« クハ181-63完成 | トップページ | Vine Linux 4.2でのPX-201の設定 »

2009年9月 4日 (金)

鳩山論文-ニューヨークタイムズ(無断?)転載騒動

反米だと話題の鳩山論文
ちゃんと英語版も韓国版もある。
英語はよくわからんのだが訳は結構完璧だそうである。


ニューヨークタイムズの記事(短縮版)


どのように転載されたかはこのサイトが詳しい


私見だが

Therefore, even if we shift from unipolar to multipolar world, our idea of what to expect is at best vague, and we feel anxiety because the new forms to be taken by global politics and economics remain unclear. I think this describes the essence of the crisis we are now facing.
-極時代から多極時代に移るとしても、そのイメージは曖昧であり、新しい世界の政治と経済の姿がはっきり見えないことがわれわれを不安にしている。それがいま私たちが直面している危機の本質ではないか

この部分が省略されているだけで文章は超過激なものに感じる。

これに関して日本のバカマスゴミ

まだ開票結果が完全に出切らないうちから
反米だとか大騒ぎな報道をしていたのだが

今日の読売で
鳩山論文、米通信社が省略して無許可転載か

以下記事抜粋 

鳩山事務所と論文を配信した米通信社の間に、掲載の経緯を巡る見解の相違があることが3日、明らかになった。
 世界の要人インタビューなどを配信する米国の通信社「グローバル・ビューポイント」は、これを大幅に省略し、「新しい日本は米主導の市場原理主義を拒絶、東アジアの統合を模索」との見出しで配信。タイムズ紙はこれをさらに削って掲載した。

 「グローバル」のネイサン・ガーデルス編集長は「Voiceを通じて鳩山事務所の許可を取った。短縮したが、文章はそのままだ」と話している。

 これに対し「Voice」編集部は、英訳版の掲載依頼は米紙ロサンゼルス・タイムズ社からのみあり、鳩山事務所が要約版掲載を了承したが、他メディアに転載されるとの認識はなかったという。鳩山事務所は論文が、海外で配信されたこと自体知らなかったという。

 鳩山代表は8月31日、ニューヨーク・タイムズ紙掲載の論文について「一部だけとらえられた」と不快感を示した、既に多数のメディアが同紙の引用を「新政権の外交政策」として紹介、「反米」イメージが独り歩きする懸念もある。

このように一部冷静に本質を見つめようとするマスゴミもある。

きっこさんなんかは逆の意味で大騒ぎしちゃている

どちらにせよこのようなナーバスな問題は
大騒ぎしたほうが負けと相場は決まっている。
冷静に事の行く末を見届けましょう。

でも事の発端は鳩山由紀夫代表の言葉です!
いつも思うのだが・・・
この論文の前半部を見てもしかり・・・友愛って?さっぱりわからん。

この人の言ってることはまさに宇宙人語。

フランケン岡田殿!これからはちゃんと翻訳頼みますぜ!

|
|

« クハ181-63完成 | トップページ | Vine Linux 4.2でのPX-201の設定 »

ニュース」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54722/46117644

この記事へのトラックバック一覧です: 鳩山論文-ニューヨークタイムズ(無断?)転載騒動:

« クハ181-63完成 | トップページ | Vine Linux 4.2でのPX-201の設定 »