« 定例ヤビツ#43,44(9/27) | トップページ | 横浜開国博:入場者数が見込みの約4分の1のまま閉幕 »

2009年9月27日 (日)

氷川丸

氷川丸と日本郵船博物館のセット券をもらった。
しかも有効期限が9月中なので早速行ってきた。

090927_03

今年日本郵船に里帰りして一般公開するべく整備された氷川丸は
一部であはあるが客室やサロン、アールデコ調の階段、1等喫煙室
機関室、操舵室などきれいに復元され
戦前の良き時代の外洋客船の姿がそこにはあった。
200円払ってみる価値は十分にあると思う。


090927_04
1等船室。
消して広くはないものの上品な調度品などが良い感じ。
このタイプの部屋はシャワー、トイレなどの設備は無い様だ。

090927_05
チャップリンや秩父宮様が使用した特別1等船室。
このタイプの船室はスイートタイプで
応接室と広いバスタブとトイレが付いている。

090927_07
その応接室。
きれいに復元されたと思われるステンドグラスと調度品、
それに当時を模した食器類がなかせる。

090927_11
3等船室は2段ベットの8人部屋。
相部屋であるものの調度品類はやはり上品な感じ。

090927_09

254回にも及ぶ太平洋横断を指揮した操舵室。
貼ってあった航路図は1980年くらいのもので大黒ふ頭も描かれていた。

090927_08
ブリッジから見る白灯台。
ここからは赤灯台も見えて
今にも白灯台と赤灯台の間を出港して行くかのよう。

今回アールデコ調の美しい装飾が残っている
1等ラウンジや1等喫煙室や階段の装飾など
写真を撮り忘れたが
200円だからまた行ってきちんと写真を撮ってきたいと思った。

戦前の国産大型外洋客船としては唯一のものなので
いつまでもこの美しい内装を整備し保って
末永く公開して欲しいと切に願うばかりである。
横浜市指定文化財になっているのであるが
こういうものの保全に税金と言うのは掛ける価値があるのかな
とふと思った。


|
|

« 定例ヤビツ#43,44(9/27) | トップページ | 横浜開国博:入場者数が見込みの約4分の1のまま閉幕 »

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54722/46330550

この記事へのトラックバック一覧です: 氷川丸:

« 定例ヤビツ#43,44(9/27) | トップページ | 横浜開国博:入場者数が見込みの約4分の1のまま閉幕 »