« 氷川丸 | トップページ | MS、無料ウイルス対策ソフト »

2009年9月28日 (月)

横浜開国博:入場者数が見込みの約4分の1のまま閉幕

2009年9月27日 毎日jp

記事抜粋

 4月28日に開幕した「開国博Y150」が27日、閉幕した。153日間の会期で見込みの約4分の1の約120万人にとどまり、出資した市の責任を問う声が高まりそうだ。

  開国博は市の補助金約82億円を含む約157億円の総予算をかけたが、有料入場者収入は開幕前に見込んだ45億円に対し、8月末段階で24億円にとどまった。市議会などからは会期中に辞任した中田宏・前市長の責任を問う意見、批判が上がっている。

 最近になってY150の赤字のことをマスゴミが結構騒ぎ始めたが
近頃は少し違うのではないかと思ってきた。

 Y150って確かに有料化以上もあるけどイベントのほとんどが
無料会場で無料で行われたんだよねぇ。

 いろんな船を誘致したり、例えばクイーンメリー2だったり
ナッチャン・ワールドだったり、海王丸・日本丸だったり
 外には花火大会やったり、ブルーインパルスを呼んだり
 あとマリンタワーの再整備や氷川丸整備への補助金
象の鼻パークの整備・・・・・・・
これらは全部Y150関連で行われているはず。

それらのイベントはちょくちょく足を運んだけれども
いずれも多くの人でにぎわっていてどれも皆好評で
また赤レンガやMMなど無料会場やその周辺地域などは
普段の人出よりはるかに多い人で連日にぎわっていた。

それらが横浜の観光に大きな寄与をしたのは間違いないと思う。
有料化以上の人出だけみて
Y150の成否を判断するのは間違いだと思う。
まあ別に中田前市長の肩を持つ気は全くないが・・・

|
|

« 氷川丸 | トップページ | MS、無料ウイルス対策ソフト »

ニュース」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54722/46330854

この記事へのトラックバック一覧です: 横浜開国博:入場者数が見込みの約4分の1のまま閉幕:

« 氷川丸 | トップページ | MS、無料ウイルス対策ソフト »