« 取水中止の影響?サケ・アユ遡上が3倍に | トップページ | クモハ51 810 »

2009年10月28日 (水)

ダム撤去、自然回復へ…群馬・みなかみで工事開始

2009年10月28日10時25分 読売新聞 より  記事抜粋

自然の営みを回復する目的で治山ダムを撤去するのは、全国的にも珍しいとされる。撤去されているのは、茂倉沢に建設されたダム17基のうち、下流側から2か所目にある「2号ダム」(幅約28メートル、高さ約9メートル)。7年前に一部が破損して土砂をためる機能が損なわれたため、試験的にダムの中央部をなくして水流を回復させ、魚などの生物が往来できるようにする。約200メートル下流では、土砂が流れる量を調整するためのコンクート製の構造物「保全工」を建設しており、今年度中に完成するという。

取り壊すのはダムと書いてあるけど砂防ダムで
普通は堰堤って言われるもの。
まあダムって書いたほうが世間受けするからだろうけど。

下流赤谷川と合流してから赤谷湖と相又ダムがあるから効果は限定的かもしれないが
新しい試みなのかもしれないのでぜひその効果もちゃんと発表してほしい。
マスゴミも報道しっぱなしにしないでほしい。

|
|

« 取水中止の影響?サケ・アユ遡上が3倍に | トップページ | クモハ51 810 »

ニュース」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54722/46607441

この記事へのトラックバック一覧です: ダム撤去、自然回復へ…群馬・みなかみで工事開始:

« 取水中止の影響?サケ・アユ遡上が3倍に | トップページ | クモハ51 810 »