« 蛭ヶ岳登山(11/15)その3 | トップページ | 市川海老蔵:小林麻央と結婚へ 連名のファクスで報告 »

2009年11月19日 (木)

次世代スパコン予算削減について

次世代スーパーコンピューター開発予算の見送りに対して研究者たちが緊急声明を発表

Gigazinより記事抜粋

「来年度の予算計上の見送りに限りなく近い縮減」という結論が下されましたが、この決定に対して研究者たちが緊急声明を発表しました。

「我が国の科学技術の進歩を著しく阻害し国益を大きく損なうものであり、不適切であると言わざるを得ない」という断言するなど、スーパーコンピューターの重要性を切に訴える内容となっています。

本当にそう思う。
技術立国の日本が将来の技術に対して何もしなくなったら・・・・


まさに「木を見て森を見ず」そのものだわな。

|
|

« 蛭ヶ岳登山(11/15)その3 | トップページ | 市川海老蔵:小林麻央と結婚へ 連名のファクスで報告 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

これ、こちらでは地元県なのでまぁ、蜂の巣つついた様な騒ぎになってますよ(爆)
確かに、富士通しか残らなかったのも問題有るけど、ここに至る経緯は、神奈川選出小泉先生の時代に決定付けられていたようなものですね。
アメリカを追い越さないような状況に追い込んでおいて、今に至る。

今回のスパコン計画の中身見てごらん。
はっきり言って、やめた方がましなくらいのお寒い無いようですよ。
お金の大半は神戸の某人工島に作るセンターの移転整備費。

実は次の段階は現行のソフト側の問題解決が先なの。
だから、どうせ役にも立たない現在立ちゆかなくなってる次のモデルは、リセットしてやり直した方が良いくらいなのですね。
このあたりは誰も報道しないから、将来の展望なんておかしな話になるの。
今の計画、正直2年前に破綻してる(させられた)モデルだからやっても無駄だよ。
今回削られた予算は、ここ。
前のモデル(現状世界2位モデル)のソフト更新のお金は入っていない。
こっちにお金掛けた方が先につながるのにね。

投稿: かなぴ | 2009年11月24日 (火) 10時52分

追記、

漢字、「無いよう」じゃなく「内容」ですね(すみません)

で、これと同じような感じのお話が、ロケットのエンジン開発。
これも、小泉先生の時代に足元穴掘られて破綻したロケットを前提に細々と技術維持という名目で改良という名の元、進められていたお話ですが、
これも破綻した技術の焼き直し。
国産戦闘機計画も表に出ないけどF-2なんて完全にダメダメ飛行機で、試作器上がった時点でどうしようもないのが判っていても、結局中止や大幅な見直しなんてできないという状況(これは小泉先生関係なし)
ただ、ここに至る経緯は、だめなものを駄目と言わず、計画ありきで、都合の悪い部分を全部隠す官僚主導での最悪の弊害だと思われます。

これら、やっても駄目なものは一度リセットするつもりで予算全部切っちゃうってやり方、ありだとは思います。(その後のフォローは大切だろうけど)
今のマスコミの報道してるソースはどうもこういうしがらみ持った官僚と族議員が自分たちに都合の良いデータを出して流させているような感じがしてなりません。

日本の国自体の体質かもしれませんが、駄目なときはやり直しって言うことができなくなっている時点で先がないような気がします。

投稿: かなぴ | 2009年11月24日 (火) 11時16分

たしかにF-2はいろんな横やりが入ってだめだめなくせして超高額飛行機になっちゃいましたからねぇ。ただあのちっちゃなシルエットにいろんな武器がごちゃごちゃ付いたハリネズミのような外観、実は好きだったりする。まあステルス的には最悪なんでしょうが。

次期スパコンですが確かに今の開発機は屑ですよね。でもこういう予算って一回無くなったり減額したりするとともう2度と復活しないので最低前年度額維持と言うのが必要なんだろうと思います。つまるところ本当は現状の予算制度に問題があるからいけないのだろうし、それが無駄使いの温床なのでしょう。

投稿: あゆ | 2009年11月24日 (火) 18時16分

あ、F-2のフル装備の見た目は大好きですよ。
有る意味集約されてるからストライクイーグルより見た目のインパクト有るからね。

ただこれ以前は、地上展示のみで、フルロードでは主翼強度が持たないので、離陸できないなんてお話だったりすます(苦笑)
今は改修して飛べるけど、やはり高機動は掛けられないってのが、実情ですが(爆)

今開発しているスパコンの問題点って、スパークがダメダメなのではないかと。。。
IBMに続いて、世界2位メーカーだって言い張ってるけど、個体順位では既に40位以下に落ちているのではないでしょうか(最近の動向把握してないから判らないのだが)
SUNがあれだけシェア落ち込んでいるので、先がないかもしれません。
次のモデルはスパーク64を乗せる予定で動いているようですが、これもワークステーションのMPUとして実績が多くないので、果たしてどこまで使えることになる事やら。
それこそ、1台限りの世界一で、先が全くない状況を打開しない限りやっても意味無いような気がします。
少し古い話になってしまいますが、NECが世界一を取ってた頃は国費無しで、成し遂げて、国のバックアップがない故に他の国に出すことができなかったと言うお粗末なお話になっていますから。(確かその後どこかがOEMして売ってたはずだけどね)

NECはインテルと一緒にやるようだし、日立あたりがAMDと一緒に動ければ、アメリカの顔は立つのだから、政策的に良いのかもしれませんが、日本の国を挙げての施策って無いのかなぁ。
お金だけ出してりゃOK的な話で動くなら完全に民間に任せた方が良いと思う。
あんなモノに1000億出すなら、それこそJALにすべて注ぎ込んで国営にでもした方が将来のためだよね。
JALが外資の傘下になったら国内航空市場、良いように食い荒らされて終わりそうなのだが。。。

投稿: かなぴ | 2009年11月25日 (水) 09時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54722/46802463

この記事へのトラックバック一覧です: 次世代スパコン予算削減について:

« 蛭ヶ岳登山(11/15)その3 | トップページ | 市川海老蔵:小林麻央と結婚へ 連名のファクスで報告 »