« 蛭ヶ岳登山(11/15)その1 | トップページ | 蛭ヶ岳登山(11/15)その2 »

2009年11月17日 (火)

エキップアサダが来季の国際登録を断念。活動縮小へ

チームのHP【2010年度「エキップアサダ」の体制について】

世界最大の自転車レース「ツール・ド・フランス」への日本チームとしての出場を掲げたプロジェクト「エキップアサダ」)ですが、2010年度におきましてはUCIチームとしての登録を断念する事をここにご報告させて頂きます。  スポンサー様、サプライヤー様には引き続き現体制での継続提案を頂いておりましたが、2010年度に計画していた高水準なプロチームとしての活動を遂行するための資金・人材の不足により、この度の苦渋の決断をさせて頂いた次第です。  今後「エキップアサダ」は、UCIプロコンチネンタルチーム設立のための資金獲得を急務とし、同時に将来のスポーツ界を担う若手選手の発掘・育成に全精力を傾けて参ります。  なお、今回の決断は「エキップアサダ」プロジェクトの最終目標である日本チームとしての「ツール・ド・フランス」出場を断念するものでは決してございません。あくまでも現実的な目標到達を視野にプロジェクト再構築の期間を設けるためであり、2011年度以降の「ツール・ド・フランス」出場への布石となるものです。

後援会のHPでは【>【お知らせ】 来期のチーム活動について

来年1年間はエキップアサダとしてレースに出場することはないでしょう。 現在の選手は、それぞれの選んだ新たな第一歩を踏み出すことになります。 後援会としては浅田監督が原石から育てた大切な彼らを、これからもずっと応援していきます。 いくら勝っても、素晴らしい成績を残しても、どうしても乗り越えられない壁がそこにはあります。 日本のロードレース界を取り巻く環境が変わらない限り、日本のチームがツールドフランスへ行くことは難しいのかもしれません。

これは不況の影響だけではあるまい。
日本では自転車なんか所詮ちゃりんこ。
サイクルスポーツなんてこんな扱いだろう。

マイナースポーツ魂が染み付いて離れない人たち。
スポンサーどころか一般に人々に
サイクルスポーツを浸透させる努力をしない人たち。

選手たちは2010年はどこで走ればよいのだろう。

|

« 蛭ヶ岳登山(11/15)その1 | トップページ | 蛭ヶ岳登山(11/15)その2 »

自転車」カテゴリの記事

コメント

このニュースは少し驚きました。
逆に、マイナーだからこそ、スポンサーも含め物好きの集団が集まっているのかと思っていましたから。

日本のプロスポーツって、結局スポーツシステムとして成り立っていないのが実情ですよね。

最終的にお金が儲かる(視聴率が稼げる)野球とサッカーや相撲だけってお話。
それも、かなり危ういところで立っているような感じがします。
それ以外のプロって、オリンピック種目の上位にいける人含めて良い環境ではないですよね。

文化としてとか言っちゃうとあやふやになるから好きじゃないけど、
結局、小さい頃から広い分野でのスポーツに親しんでいないのと、スポーツというものに夢を持つことができない悲しい状態が今の根底ではないかと推測します。
モータースポーツもしかり、スキーもしかり。
子供の時からゲームでのスポーツ疑似体験しかしていない子供がこれからどんどん大きくなりますが、先が心配ですね。
某ゲームメーカーの体を動かすなんてお話のもの、本気であれがスポーツだなんて思っている人が多いのにはびっくりしますよ。
科学的に測定結果も出ているのに、メーカー発表の恣意的に作られたデータと使用者の感想をみんな都合良く誤解して運動した気になってるんですよね。
この辺も本当のスポーツを理解できなくしている根底にあるのかなと。。。

ただ、それだとスポンサーのような経営判断レベルができるジジィにはこの話適用できないから、、、なんだろうなぁ?(笑)

投稿: かなぴ | 2009年11月17日 (火) 13時29分

詳しくはよくわからないけどこのチームのメインスポンサーが梅丹本舗と言う超マイナーなところだったんだけどもこの感じだと撤退なのかなぁ?これで新しい自転車メーカーのGDRもぽしゃりそうだし。

日本人は野球、サッカー、マラソン、駅伝、相撲以外のスポーツって全く知らないし見ないし興味もないのにオリンピックだけは大好きで、しかもメダルとドキュメンタリが大好きで・・・・。まあ言っても仕方ないか。

マイナー繋がりでスキーのアルペンもケンタローと上村愛子の結婚で少しはアルペンも注目を浴びるかと思ったけど等のケンタローがあれじゃぁ駄目だな。レビのSLみても日本チームはどうも「上にあがったるぞ!」って言う意欲と言うか気迫というものがあまり感じられなかったし・・・・。

投稿: あゆ | 2009年11月18日 (水) 12時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: エキップアサダが来季の国際登録を断念。活動縮小へ:

« 蛭ヶ岳登山(11/15)その1 | トップページ | 蛭ヶ岳登山(11/15)その2 »