« 社長「なぜ飛ばない」=機長の安全判断に介入-スカイマークに厳重注意・国交省 | トップページ | 鶴八の大銀杏 »

2010年3月10日 (水)

鶴岡八幡宮:大銀杏倒れる…樹齢千年、実朝暗殺の舞台

毎日jpより

10日午前4時40分ごろ、神奈川県鎌倉市雪ノ下の鶴岡八幡宮(吉田茂穂宮司)の本殿前にある県指定天然記念物「大(おお)銀杏(いちょう)」が、根元付近から折れて倒れているのを警備員が見つけた。9日夕から続いた強風が原因とみられる。けが人はなかった。大銀杏は鎌倉幕府三代将軍、源実朝(さねとも)の暗殺事件の「隠れ銀杏」として知られる。同八幡宮関係者は「あり得ないことだ」とぼうぜんとしている。

|
|

« 社長「なぜ飛ばない」=機長の安全判断に介入-スカイマークに厳重注意・国交省 | トップページ | 鶴八の大銀杏 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54722/47773597

この記事へのトラックバック一覧です: 鶴岡八幡宮:大銀杏倒れる…樹齢千年、実朝暗殺の舞台:

« 社長「なぜ飛ばない」=機長の安全判断に介入-スカイマークに厳重注意・国交省 | トップページ | 鶴八の大銀杏 »