« 箱根旧東海道と矢倉沢林道と足柄峠 | トップページ | 牧馬峠-雛鶴-犬目宿-裏和田 »

2010年8月 9日 (月)

高速無料化1カ月で渋滞が劇的に減少した

高速無料化1カ月で渋滞が劇的に減少した
【最大5キロの渋滞解消の地域も

ゲンダイネットより

高速道路の無料化実験の影響で「例年渋滞が起きない区間も混雑する見込み」(読売)、「大渋滞の夏になりそう」(朝日)と、大渋滞の元凶のように書き立てている
無料化で交通量が増えても高速渋滞に与える影響は限定的だ。しかも、マスコミは並行して走る一般道の渋滞緩和については、ほとんど触れようとしない。

記事が何せゲンダイなんで超胡散臭いが

確かに実感はある・・・・。

神奈川県付近の無料化区間に対する一般道を通った時の感想。
あくまでもちゃんと調査したわけではなくたまたま通った時の感想。
したがって人によっては全く違う印象のことはありうるので。

新湘南バイパス-国道1号線茅ヶ崎駅前
土日に何度か通過(自転車)
普段は駅前の交差点を中心に1号線も交差する道も
昼間は車は身動きが取れず1号線の渋滞も
数キロにわたることも多いのだが
交差する道は渋滞は見られず
1号線も信号待ち1回程度の車列だった。

西湘バイパス-国道1号線(大磯付近、国府津駅前、酒匂川付近)
土日朝に下り昼過ぎに上りを数回通過(自転車)
朝の下りはいつもはさすがにそんなに渋滞はしていないが
今回はほとんど車がいない状態。
特に大型車が目に見えて減って自転車も快適に走れる。
午後の上りは普段は断続的に渋滞が起きているのだが
さすがにスイスイとはいかないものの
全般的に流れはスムーズ。
やはり大型車が目に見えて減っている。

箱根新道-箱根旧東海道8/7(土)午前中(自転車)
さすがにこの道を撮る大型車はいなくて大型車は1号線を通る。
旧東海道特に七曲り付近では勘行の車が結構多かった記憶があるが
たまに数台追い越して行く程度甘酒茶屋もガラガラ。
これ絶対観光客が箱根新道で上に流れちゃってる。
ここでは無料化がデメリット(観光は)人なっている。

富士五湖道路-国道138号篭坂峠7/18(日)午前中(自転車)
三連休とあって御殿場から須走までは車ビッチリだが
篭坂旧道に入った途端、車が全くいなくなる。
普段は大型車も含めてひっきりなしに車が通っていた気がするが
自転車で峠を登っていてもほとんど車に抜かれない。
やはり大型車は皆無になった。

富士五湖道路-国道138号(山中湖-富士吉田区間)
7/18)(日)午前中(自転車)
普段は車がビッチリつながっていて自転車でも非常に走り難い区間だが
一部流れの悪いところが見受けられるもののおおむねスムーズに流れている。
再三の記述だがやはり大型車が非常に少なくなった印象。
自転車で走るのが嫌な区間だったが今回は快適だった。


ということで
ゲンダイの記事を裏付けるような感想になってしまった。
実は本当に高速無料化が今まで料金が不当に高い(その場所での適正価格という意味)
ため交通集中地点などのバイパス線として全く役に立っていなかった
(例えば国道138号が全線渋滞なのに富士五湖道はガラガラとか)
場所が無料化されて本来期待されていた役割が出来るようになった
といったような感じだった。

これらの区間、無料と行かなくても平行一般道がむやみに渋滞しないような
ちょうど良い料金設定というものがあるのかもしれない。
むやみやたらに無料化とばら撒くのではなくそういったところを
調べ足りするのが社会実験ではないのかと思った。

|
|

« 箱根旧東海道と矢倉沢林道と足柄峠 | トップページ | 牧馬峠-雛鶴-犬目宿-裏和田 »

ニュース」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54722/49102109

この記事へのトラックバック一覧です: 高速無料化1カ月で渋滞が劇的に減少した:

« 箱根旧東海道と矢倉沢林道と足柄峠 | トップページ | 牧馬峠-雛鶴-犬目宿-裏和田 »