« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »

2012年6月

2012年6月28日 (木)

スロヴァキア・フィル (サントリーホール)

DSC_2650.JPG
1曲目のスメタナと2曲目のドヴォチェロ協奏曲は
中央ヨーロッパらしい音はするもののやや退屈な演奏だと思っていたら
休憩を挟んでメインのドヴォ8になったら指揮者もオケも一変。
まれに見る超名演になった。凄い演奏だった。
フィナーレでは指揮者一回転して客席向いちゃうし・・・
指揮者のレオノフ・スワロフスキーってちょっと注目だな。

チェコ・フィルとかもそうだけど
中央ヨーロッパのオケってくすんだ様な
独特の響きがあるのだけど
今回のドヴォ8はそれに加えて
金管の強奏もしっかり吹ききらせているし
テンポの変化にもしっかり対応しているし
アンコールのスラブ舞曲2曲のスーパーテンポも
素晴らしいし。
やはりこのオケはうまいなぁと思った。

当然サントリーホールも音響素晴らしいし。






| | コメント (0) | トラックバック (0)

サントリーホール

スロバキアフィルのドヴォプロ

DSC_2643.JPG




| | コメント (0) | トラックバック (0)

メガネ買った

DSC_2639_1.JPG




| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012年6月25日 (月)

メガネ壊れた!

DSC_2637.JPG

模型作ってるついでだから

半田付けして応急措置。

メガネは耐腐食合金

だったりするから

半田が付きにくい。

ステンレス用のフラックス

付けまくって何とかくっ付いた。

耐久性は保証できない。




|

2012年6月16日 (土)

県民ホールなう

神奈川フィルDSC_2606.JPG




|

2012年6月10日 (日)

鎌倉交響楽団

120609_001

土曜日は朝から雨だったので
例の「富士」でもと思っていたが
急遽アマオケの鎌倉交響楽団の
定期公演を聴きに鎌倉芸術館へ。

曲目は
マイスタージンガー
チャイコン
新世界

とピアノソロのアンコールがドビュッシーの金色の魚?
とオケのアンコールががスラブ舞曲1番
といったところ。

あと演奏に先立ってフルオーケストラによる
鎌倉市歌もあった。
(小太鼓はこれだけの登場だった)。

この曲目だとホルン大変過ぎだろうと思っていたら
やっぱり大変そうだった。
アマオケでもプロの指揮者が振っているので
比較的まとまっていて良い演奏会だったと思う。
なんせ1000円だし。


ところでピアニストがやけにうまいと思ったら
プロのピアニストだった。
菊地裕介という人でCDも何枚も出している。
ロビーで売っていたので
早速1枚買って(曲目はベートーヴェンの後期ピアノソナタ6曲)
サインもらって記念撮影もしてもらった。
120609_002

嫁が「後期ソナタって好きなんですよ」と言ったら
「でもチャレンジなんですが売れないんですよ後期ソナタは」
と言っていました。
後期ソナタって難しくってしかも暗いからねぇ。

こういった機会がないとJクラシックってなかなか買わないので
演奏会に行ったら結構CD買ってしまう。
その難しくって暗い後期ソナタをド日本人の感性で
どんなふうに料理しているのか楽しみ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月 3日 (日)

28年ぶりのクラス会

2日は卒業以来2回目のクラス会。
なんと28年ぶり?らしい。

2012_06_02_13_44_44


そう言ったこともあってか男子より女子の方が倍くらい出席者が多かった。
恐らくたまに会って飲んでるメンバープラスアルファくらいの
出席者数かなぁと思っていたらなんと22人!
今回全く予習?なしで行ったので最初は全然誰だかわからなかったが
徐々に思い出してきてみんな行動まで18歳のころに戻ってた!

写真は出席者の自己紹介?の合間の
Hんごうによる不参加者の紹介と安否情報?
あいかわらず彼の毒舌は冴える!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »