« 28年ぶりのクラス会 | トップページ | 県民ホールなう »

2012年6月10日 (日)

鎌倉交響楽団

120609_001

土曜日は朝から雨だったので
例の「富士」でもと思っていたが
急遽アマオケの鎌倉交響楽団の
定期公演を聴きに鎌倉芸術館へ。

曲目は
マイスタージンガー
チャイコン
新世界

とピアノソロのアンコールがドビュッシーの金色の魚?
とオケのアンコールががスラブ舞曲1番
といったところ。

あと演奏に先立ってフルオーケストラによる
鎌倉市歌もあった。
(小太鼓はこれだけの登場だった)。

この曲目だとホルン大変過ぎだろうと思っていたら
やっぱり大変そうだった。
アマオケでもプロの指揮者が振っているので
比較的まとまっていて良い演奏会だったと思う。
なんせ1000円だし。


ところでピアニストがやけにうまいと思ったら
プロのピアニストだった。
菊地裕介という人でCDも何枚も出している。
ロビーで売っていたので
早速1枚買って(曲目はベートーヴェンの後期ピアノソナタ6曲)
サインもらって記念撮影もしてもらった。
120609_002

嫁が「後期ソナタって好きなんですよ」と言ったら
「でもチャレンジなんですが売れないんですよ後期ソナタは」
と言っていました。
後期ソナタって難しくってしかも暗いからねぇ。

こういった機会がないとJクラシックってなかなか買わないので
演奏会に行ったら結構CD買ってしまう。
その難しくって暗い後期ソナタをド日本人の感性で
どんなふうに料理しているのか楽しみ!

|

« 28年ぶりのクラス会 | トップページ | 県民ホールなう »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 鎌倉交響楽団:

« 28年ぶりのクラス会 | トップページ | 県民ホールなう »