« クリスタルラインサイクリングの後に瑞牆山 | トップページ | 利根川源流の山、大水上山 »

2013年9月 2日 (月)

風立ちぬの客車

風立ちぬを見て


宮崎映画は結構時代考証などもしっかり行っていて
飛行機はもちろんのこと
鉄道に関してもそれはかなりきちんと行ってるようだ。

機関車を見ると
関東大震災時 輸入テンダー機
復興時  9600
名古屋時代 8620
軽井沢 アプト式EC40

客車も
関東大震災時 雑型木造ボギー車
復興時 鉄道員基本型客車
名古屋時代 ナハ22000

などと細かく作り分けている。

ただ一つおしいのは尾灯の位置。
映画では腰板部に左右二つついている。

戦前の鉄道省の車両は実は
尾灯は台枠部の左側に一つだけしかついていない。


スイテ37000の自分の記事など

でもそれを除けば戦前の2等車と3等車の混雑度の極端な差など
すごくよく考証してあって(細かいことはいろいろあるが)

また軍艦も日本最初の空母鳳翔やまだ前の煙突が曲がった2本煙突時代の
戦艦長門が出てきたり

飛行機以外の支店からも非常にマニアックに楽しめたアニメであった。

|
|

« クリスタルラインサイクリングの後に瑞牆山 | トップページ | 利根川源流の山、大水上山 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54722/58114179

この記事へのトラックバック一覧です: 風立ちぬの客車:

« クリスタルラインサイクリングの後に瑞牆山 | トップページ | 利根川源流の山、大水上山 »