« Office2013 | トップページ | YUBISAKI (12/5) »

2013年11月27日 (水)

東京シティフィルの幻想交響曲(11/26)

Ncm_2439
オペラシティでの東京シティーフィル定期公演。
マエストロは小泉和裕。
曲目はモーツアルト交響曲40番と
ベルリオーズの幻想交響曲。

Ncm_2438
1曲目はモーツァルト交響曲40番なのだが
最近の若い指揮者の軽快なテンポの
モーツアルトを聞きなれた耳には
さすがにちょっとのっぺりしすぎで退屈だった。
小泉さんにこの曲合わないのかも。

2013_11_26_18_52_53

そしてお目当ての幻想交響曲。
小泉さんは基本的にあまり曲のテンポを変えるタイプではないので
最初から最後まできっちりインテンポの演奏。
でも指揮者も弦も木管も金管も打楽器も
気合の入った演奏で


2013_11_26_19_49_52

1楽章からこの曲全体を支配する第1主題の物悲しくも美しいメロディ
2楽章のワルツと2台のハープ
3楽章のコールアングレと弦の掛け合いと
最後の地の底からわき出てくるような2台4名のティンパニー。
4楽章の様々な楽器による持ち回りの断頭台への行進曲。
5楽章の鐘の音(日フィルからの借りものらしい)と感動のフィナーレ。

小泉さんの気合に引きずられて
オーケストラがどんどん楽曲にのめりこんでいく。


ただ
このオペラシティコンサートホール。
音響が同もイマイチのような気がして
大音響になるこの曲だとピークで音が
飽和状態になってしまうのがちょっと残念だった。


でも小泉和裕はいい。
ただいつも通りアンコールはなし。
まあそれはそれで悪くはないと思う。

|
|

« Office2013 | トップページ | YUBISAKI (12/5) »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54722/58652236

この記事へのトラックバック一覧です: 東京シティフィルの幻想交響曲(11/26):

« Office2013 | トップページ | YUBISAKI (12/5) »