« 9/14-15の八ヶ岳 | トップページ | 東野から蛭ヶ岳登山(9/28 その2) »

2014年9月30日 (火)

東野から蛭ヶ岳登山(9/28 その1)

Img_7431
例年だともっと上まで車で入れるのだが
砂防ダム関連の工事のため
終点まであと2キロあたりまでで
車は通行止め。
ここから登山開始となる。

Img_7433

東野から丹沢主脈へ登る道は2つあるが
今回はせっかくだから本来の林道終点より
1キロほど手前に入口がある
八丁坂経由で登ることにする。

Img_7436

深い植林の森を1時間ほど登ると
保林用のモノレールをくぐる。
このモノレールは
丹沢主脈の尾根まで続いていた。


Img_7439
アケビの実が・・・・
誰か中身食べた?


Img_7440

トリカブトも咲いていた。


Img_7448
周りの景色が明るくなってくると
主脈も近い。


Img_7449

出発から2時間ちょっとで主脈に到達。
姫次までは東海自然歩道にもなっていて
このように木道などによって
自然を痛めないように整備されている。

Img_7538
丹沢山から続く三峰の山々が。


Img_7460

主脈に出てから20分ほどで姫次に到着。
ここで正面の視界が開け富士山がどんと目に飛び込んでくる。
今日は絶好の登山日和。

Img_7461
迷い猟犬がくっついてきた。
30分ぐらい一緒に歩いた後
抜かしていった人にくっついて行った。
この犬、蛭山頂で無事保護されて
識別番号から飼い主が特定されたようで
飼い主のもとへ連れられて
山を下りて行った。


Img_7463

原木屋平。
かつてメルヘンチックな山小屋と
形容された原小屋の跡地。
いまでもそのメルヘンチックな雰囲気は残っている。

Img_7465
しばらく姫次と蛭ヶ岳の鞍部で
アップダウンを繰り返す。

Img_7467

まだ檜洞丸と富士山は
同じくらいの高さに見える。


Img_7471
やがて蛭ヶ岳直下になって
木段の登りが続くようになると
紅葉が始ってくる。
今年はずいぶん早い。

その2に続く。


|

« 9/14-15の八ヶ岳 | トップページ | 東野から蛭ヶ岳登山(9/28 その2) »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 東野から蛭ヶ岳登山(9/28 その1):

« 9/14-15の八ヶ岳 | トップページ | 東野から蛭ヶ岳登山(9/28 その2) »