ニュース

2011年6月26日 (日)

インプレッサ


ほぼノーマル車らしい
何度もリピートで登場する
時速150マイルでの挙動の乱れなんか
まさにノーマル車ならではの挙動っぽい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2010年8月26日 (木)

でもJR九州の本当の残念は

最速新幹線「みずほ」、停車駅の選定に苦慮 JR九州社長が吐露

MSN産経より抜粋

来春全線開業する九州新幹線鹿児島ルートで、JR九州・西日本両社が検討中の、新大阪-鹿児島中央を3時間47分で結ぶ最速新幹線「みずほ」導入について、JR九州の唐池恒二社長は25日の定例会見で、「新幹線の使命として、1分でも2分でも短縮できるよう勉強しているところだ」とした上で、停車駅の選定に苦慮していることを吐露した。

でもなんだか「みずほ」って速そうじゃないなぁ。

鹿児島行きの特急って言ったらやはり「はやぶさ」だろう!
「みずほ」はブルトレ時代熊本行きの特急の名前。
しかも「さくら」と「はやぶさ」の補完列車的な役割だった。

やはり「はやぶさ」をJR東に先に使われちゃったのは痛い。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2010年8月 9日 (月)

高速無料化1カ月で渋滞が劇的に減少した

高速無料化1カ月で渋滞が劇的に減少した
【最大5キロの渋滞解消の地域も

ゲンダイネットより

高速道路の無料化実験の影響で「例年渋滞が起きない区間も混雑する見込み」(読売)、「大渋滞の夏になりそう」(朝日)と、大渋滞の元凶のように書き立てている
無料化で交通量が増えても高速渋滞に与える影響は限定的だ。しかも、マスコミは並行して走る一般道の渋滞緩和については、ほとんど触れようとしない。

記事が何せゲンダイなんで超胡散臭いが

確かに実感はある・・・・。

神奈川県付近の無料化区間に対する一般道を通った時の感想。
あくまでもちゃんと調査したわけではなくたまたま通った時の感想。
したがって人によっては全く違う印象のことはありうるので。

続きを読む "高速無料化1カ月で渋滞が劇的に減少した"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2010年7月 9日 (金)

素人机上政治(山トイレ編)

読売新聞より

事業仕分けで補助「廃止」、山小屋トイレ困った

国立公園内などの山岳地帯で、山小屋の経営者らがトイレを設置する際、環境省が費用の一部を補助する制度が論議を呼んでいる。
 
仕分けで「廃止」とされたのは、同省が1999年から行う「山岳環境等浄化・安全対策緊急事業費補助」。国立、国定公園内などで、山小屋を営む民間事業者や自治体がトイレなどを整備する際、事業費1000万円以上の場合は国が半額負担する。
 ところが先月上旬の仕分けでは、有識者から「建設費を利用料で回収する方策を考えるべきだ」「受益者負担、汚染者負担の原則から、補助は説明がつかない」などの意見が相次ぎ、「廃止」と結論づけられた。
受益者負担について、同省は「国立公園の所有者と管理者が同じで、入園料を取る米国と違い、日本では難しい」と説明する。

本当に素人とか机上の空論家が集まってやる事業仕分けって
必要なものを削って不必要なものを残す・・・
というようなことも非常に多い。
もううミンスは素人政治やるくらいなら何もやらないでほしい。

ただし山トイレは全部が全部国の補助というわけにもいかないだろう。
現にお金持ちの中高年で山はあふれている。
トレンドとして100円くらいの協力費を払うのが主流だが
これからは500円くらいにするとか
主要登山道の入り口で「登山協力金」などの名目で
トイレや登山道の新設維持管理の費用を徴収するなど
受益者負担の徹底ではないが
入山者が山の屎尿問題は多くの負担をするべきなのであろう。

確かに山は国民みんなの財産ではあるが
実際に屎尿で山の生態系に負担をかけているのは
入山者のわけであるから。

スキーとか自転車の業界(つまりマイナースポーツ業界)にも言えることだが
この手のことって業界を挙げてやっていかなければならないのに
基本的に(スポンサー様の関係か)儲からなく面倒なことはとは
必要なことであっても全くやろうとしないのは問題だろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2010年7月 5日 (月)

高速無料化社会実験の感触

28日から新湘南と西湘が無料になった。
そこで
7/3に自転車で小田原市内から戸塚まで国1通った感想。
(午後1時過ぎから3時)

西湘国府津ICから国府津駅前にかけては
いつもは車が数珠つなぎになっているのだが
国府津IC前交差点ですら信号1回程度の車列。


大磯城山公園から花水橋にかけて
いつもは断続的に渋滞しているのだが
さすがに流れの悪いところもあるが
ほぼ渋滞なし。

平塚市内は七夕のため交通規制が入っていて変化は不明。

平塚しないから馬入橋まではいつもは全く動かない状態なのだが
まあ七夕のため車が少ないせいか
流れが悪い程度で自転車よりは車のほうが速いくらい。

茅ヶ崎駅前・・・
いつもは十間坂からビッチリ詰まっていて
しかも駅前交差点は前後左右どの方向も
車がめちゃめちゃにあふれているのだが
1号線は両方向とも信号1,2回程度しか詰まっていなくて
左右の県道はほぼ順調。

ということで
今回バイパスが無料になった区間の国1は
明らかに普段の半分くらいの交通量で
非常に快適な状態。

ちなみに藤沢バイパスは全線渋滞。
さらに藤沢バイパスから原宿までも全線渋滞。
ついでに戸塚警察前までも全部渋滞と
この区間は普段より明らかに交通量が多く
やはりタダに釣られて暇なサンデードライバーが
大挙した模様。

ちなみに唐ヶ原は凄い渋滞が予想されるけど
通っていないのでわかりません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2010年6月27日 (日)

本当に日本の消費税率は低いのか?

ここにそんなことないという記事が
「日本の消費税率は低い」は大ウソ
ゲンダイネットより

、「世界でも日本の消費税率は低い」という“解説”だ。しかし、これにダマされたらダメだ。とんでもないカラクリがあるのである。

数値を見れば、日本の税率が低く見えるが、そんな単純な話ではないのである。

日用品も贅沢品も関係なく一律に分捕る制度ではないのです」

日本国民の消費税負担が極端に軽いワケではない。

ただしそこはゲンダイ・・・・

証言=経済ジャーナリストとか
出典が不明な数字が並んでいたりするが・・・。

ただ記事の方向性はかなり良い線ではないか・・・。
基本的な考え方はかなり同調できる。
ただねぇ、ゲンダイハ最初に結論ありきで数字も信用できないしねぇ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2010年6月24日 (木)

新型スカイライナー

最高時速160キロ、都心-成田36分=新型スカイライナーで試乗会

時事通信より

来月17日に開業予定の「成田スカイアクセス」(京成高砂-成田空港、51.4キロ)を走る京成電鉄の新型スカイライナー試乗会が23日午後にあり、報道関係者ら約200人が参加した。直線区間が多い印旛日本医大駅と空港第2ビル駅の間を、在来線では最高速クラスの時速160キロで走行。都心と成田空港の間を以前より15分早い最短36分で結ぶ。
 試乗会には森田健作千葉県知事も駆け付け、成田空港駅からの折り返し列車に乗車し、京成上野駅に向かった。

 都心からのアクセスが36分(まあ上野からだが)の成田空港は
本当に海外の空港と比べてアクセスが悪いのか?


少なくても国内では市街地中心からのアクセス時間は悪くない。
例えば
千歳空港ー札幌:36分(JR快速エアポート)
羽田空港ー東京:21分+4分(モノレール+JR)
羽田空港-品川:16分(京急快特)
伊丹空港ー新大阪:25分(バス)
福岡空港-博多:5分(地下鉄)
関空-新大阪:50分(JR特急)
関空-難波:34分~50分(南海特急)

市街地にある福岡はさておき
交通事情にあまり左右されない鉄道で30分少々というのは
やはりかなり便利なのではないか? 

 最初からきちんとアクセス用の高速鉄道が出来ていれば、遠い成田とは
言われなかったような気がする。
 例えば成田新幹線・・・・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2010年5月20日 (木)

相変わらず・・・

フジサンケイのニュース(まあイザだから)はへんてこりん???

想定を超えた北の雷撃能力

IZAより一部抜粋

軍艦・大和も大東亜戦争で魚雷の餌食となったが、その恐ろしさは当時の比ではない。

はぁ?大東亜戦争? 軍艦・大和? 魚雷の餌食?

この一行だけでこの記事の信頼性がゼロに。

これ野口裕之!しっかり記事を書かんか!

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2010年5月16日 (日)

やっぱりこの会社は個人情報扱うべきではない

ストリートビュー、個人情報まで収集…メールも

読売新聞より

米グーグルは14日、インターネット上で街並みの画像を閲覧できるサービス「ストリートビュー」の情報を収集する車が、無線LANを経由して個人情報まで誤って収集していたと発表した。


今回の問題はドイツ当局の要請で社内調査を行った結果、発覚したという。収集した情報は利用していないという。

この会社は個人情報に関する重要性の認知度が社内に異常に低い。
今回もその認知度の低さからくるものではないかと思う。
そうそれはこの会社のすべてからにじみ出る個人情報軽視の風潮。
会社の利益>>公共の利益>>個人の利益

中国が異常に嫌がるのも当たり前だと思うし
早目に市場から退場されることを切に願う。
ひどい情報公害を引き起こす前に・・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2010年5月12日 (水)

読売新聞のの緊急提案をバカにする2

消費税率について

先日ちょっと書いた5/7付の読売の緊急提言とやら

 日本の消費税率5%は、同様の仕組みの付加価値税を導入している経済協力開発機構(OECD)諸国の中で最も低い水準にある。社会保障と税負担を合わせた日本の国民負担率は07年度で39・5%で、軒並み50%を超す欧州各国に比べれば引き上げの余地はある。

確かに日本の財政赤字は巨額でもう一刻も猶予が内容に言われているし
実際ニュースなど見ているとそのような気がする(ここではいちいち上げないが)。
次にあげるサイトなんかを見ていると日本の財政赤字は異常のような気がする。
限界税率の低い国高い国

下にあげるサイト(全国間税会総連合会)で見ると(出典が不明だが)
世界の消費税(付加価値税)の税率……平成21年度版

日本 5%
アメリカ 州によって異なる
イギリス 15%
フランス 19.6%
ドイツ 19%
韓国 10%

と日本がダントツに消費税率が低い。

では日本の財政赤字は他の列国と比べて本当にひどいのか?
他の列国は本当に消税率が高いのであろうか?


続きを読む "読売新聞のの緊急提案をバカにする2"

| | コメント (0) | トラックバック (2)
|

より以前の記事一覧