映画・テレビ

2009年10月22日 (木)

長門博之、南田洋子

南田洋子さんが亡くなった。
何日か前に特番でこの夫妻のことをやっていて
最後にずいぶん元気になって痴呆の症状もかなり改善していた
彼女が映っていたのだが
不思議なものでやはり人間は死ぬ直前に
少し元気になるものなのであろうか。

もう何十年も前、自分の祖父の時も晩年は寝たきりだったが
無くなる数日前に突然元気になったのを覚えている。


最近は長門博之も南田洋子の痴呆を積極的にマスコミに発表して
そのこと自体は賛否両論であったと思うが
痴呆症は誰しも抱えている問題で
またなったからと言って決して恥ずかしいものではないよ
と言うことを身をもって世間に示してくれて
やはりその行為自体は正解だったと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月 1日 (土)

剱岳

090801_001

見てきた。
感想は後ほど・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月15日 (金)

NHK、大河「天地人」でサブリミナル技法? の指摘

2009年5月14日06時35分 読売新聞

NHKが今月10日に放送した大河ドラマ「天地人」の中で、肉眼で確認できないほど短いカットを挿入し、人の潜在意識に働きかける「サブリミナル手法」に似た演出を使っていたことが、13日わかった。  NHKによると、本能寺が爆発するシーンの直前、ドラマタイトルの「天地人」に対応する空、水田、明智光秀役俳優の横顔の3カットが計0・2秒間挿入され、複数の視聴者から「サブリミナル映像ではないか」という問い合わせがあった。  映像作品のサブリミナル的手法については、1994年の映画「RAMPO」で論議を呼び、NHKは「通常知覚できない技法で、潜在意識に働きかける表現はしない」とする自主基準を定め、日本民間放送連盟も「公正とはいえず、放送に適さない」という放送基準を示している。  NHKは、「死を目前にした織田信長の気持ちを印象的に伝えるための演出。短いながらも知覚できるカットで、サブリミナル手法にはあたらない」と説明している。

 たまたま10日放送の天地人を録画していたのでじっくり見てみた。

続きを読む "NHK、大河「天地人」でサブリミナル技法? の指摘"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月14日 (木)

マスゴミの品格(小沢代表編)

田中良紹氏のこのBlogも見てほしい。

この田中良紹氏のプロフィールは

1969年慶應義塾大学経済学部卒業。 東京放送(TBS)に入社後「報道特集」などドキュメンタリー番組ディレクターとして活躍。 政治部の記者として田中角栄、金丸信、竹下登などの政治家に密着。 '91年TBSを退社して(株)独立しさらに'98年にCS放送で国会審議を専門に中継する「国会TV」を開局。 '01年12月に突然電波を止められ現在はブロードバンドで番組を配信している。

と最近かなり過激な人ののでそれを差し引いて読んでもよいと思う。

続きを読む "マスゴミの品格(小沢代表編)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月28日 (火)

不適切発言? もう最後

北野誠さん:「事実に基づかない不適切な発言した」と謝罪

090428_2

毎日新聞 2009年4月28日 20時28分(最終更新 4月28日 20時31分)

ラジオ番組などで不適切な発言があったとして、所属する松竹芸能から無期限の謹慎処分を受けたタレントの北野誠さん(50)が28日、大阪市内のホテルで記者会見し、「事実に基づかない不適切な発言をした。タレント、プロダクション関係者、リスナーにご迷惑をかけ、申し訳ありません」と謝罪した。

 同席した松竹芸能の安倍彰社長は「対象者にさらに迷惑がかかることが予想され、(不適切発言の)内容は差し控える」と明かさなかった。

続きを読む "不適切発言? もう最後"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月19日 (木)

ミッチーとの新“コンビ”「相棒」最終回は19.5%

3月19日10時28分配信 サンケイスポーツ

 18日にテレビ朝日系で放送された水谷豊(56)主演の刑事ドラマ「相棒 シーズン7~最終回スペシャル」(後8・0~)の平均視聴率が19.5%(関東地区)だったことが19日、ビデオリサーチ社の調べでわかった。  シーズン7の最後の放送で杉下右京(水谷)と長年にわたる名コンビだった亀山薫(寺脇康文)の後任として、右京を調査すべく警備局から“左遷された”及川光博(39)演じる神戸尊がついに登場。初めてコンビを組んだ右京とギクシャクしながら事件を解決した。  11日放送分の21.7%には及ばなかったが、新“相棒”の初登場に高い関心がうかがえた結果となった。及川は「シーズン8」以降の出演も決まっている。

続きを読む "ミッチーとの新“コンビ”「相棒」最終回は19.5%"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

「釣りバカ」次回「パート20」で終了…ラスト舞台は北海道

3月18日12時8分配信 スポーツ報知

 松竹を代表する映画「釣りバカ日誌」シリーズが、5月から撮影に入る次回作の「パート20」をもって最後となることが17日、スポーツ報知の取材で分かった。西田敏行(61)、三國連太郎(86)の名コンビで21年間続き、「男はつらいよ」終了後は、唯一の国民的映画シリーズとして親しまれてきた。ラストの舞台は初の北海道。釣りをこよなく愛するハマちゃん、スーさんが惜しまれながら有終の美を飾る

続きを読む "「釣りバカ」次回「パート20」で終了…ラスト舞台は北海道"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月 8日 (日)

都会派刑事ミッチーの領域…水谷豊“新相棒”決定!?

3月7日17時0分配信 夕刊フジ

水谷豊(56)主演の人気刑事ドラマシリーズ「相棒」で、水谷の“新相棒”を歌手で俳優のミッチーこと及川光博(39)が演じることになった。18日放送の「相棒 season7」(水曜午後9時)最終回から登場する。
 7日、及川は公式ホームページで「相棒 最終回SPに出演決定!! 11日の次回予告もお見逃しなく」とアピール。関係者によると、次回シリーズにもそのまま出演するといい、及川のキャラクターをほうふつとさせる、都会的センスの刑事を演じるという。
 これまで水谷の相手役は寺脇康文(47)が好演。杉下右京&亀山薫の絶妙コンビで人気を引っ張ってきたが、寺脇は番組のイメージチェンジを理由に昨年12月で“卒業”。後任候補には、番組に出演歴のある原田龍二(38)や、映画版「相棒」のスピンオフ企画映画「鑑識・米沢守の事件簿」(28日公開)に主演の六角精児(46)、はては寺脇の再登板もささやかれるなど注目を集めていた。
 及川はライブでのファッションやパフォーマンスで女性を中心にカリスマ的人気を集め、俳優としても映画の主演やNHK大河ドラマ「利家とまつ」に出演するなどキャリアは抱負。水谷とのコンビは相棒フリークを満足させられるか-。

続きを読む "都会派刑事ミッチーの領域…水谷豊“新相棒”決定!?"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月11日 (水)

<天地人>人気子役地元の祭りに

毎日新聞より
NHKの大河ドラマ「天地人」で、幼少期の直江兼続(樋口与六)役を演じた加藤清史郎君(7)=小学1年=と、上杉景勝(長尾喜平次)役を演じた溝口琢矢君(13)=中学1年=の2人が14日、新潟県の「南魚沼市雪まつり」にゲスト出演する。

2人はドラマの1~2話に登場。与六が親元を離れ修行のため雲洞庵に入った日、上杉謙信との対面の場で「わしはこんなとこ来とうはなかった!」と胸の内を明かしたシーンは話題を呼び、そのせりふは流行語にもなっているという。

 また、母恋しさのあまり、寺を抜け出した与六を迎えに行った喜平次が、雪の中を背負って帰るシーンも感動を与えた。

 2人は14日午後3時ごろ、メーン会場の雪上ステージに登場し、ドラマや雪国の感想について話す予定。井口一郎市長は「『こんなとこ来とうはなかった!』と言われないよう、大いに歓迎して、まつりを盛り上げたい」と話した。【神田順二】

続きを読む "<天地人>人気子役地元の祭りに"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月27日 (火)

雲洞庵-天地人の舞台を訪ねてみた

先週ちょっと触れた雲洞庵の写真。

090122_muikamachi_eos_0001
六日町郊外から見た坂戸山。
ここにかつて城があった。
大河ドラマでもこんな構図が使われている。

続きを読む "雲洞庵-天地人の舞台を訪ねてみた"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧